ビタミンcで美白ケア|みんなが憧れる綺麗な肌|美白化粧品はランキングを参考にしよう

みんなが憧れる綺麗な肌|美白化粧品はランキングを参考にしよう

女の人

ビタミンcで美白ケア

ソープ

酸化しにくい物質と結合

ビタミンc誘導体とは、化粧水に配合されていることの多い美白成分です。ビタミンc誘導体は、ビタミンcと別の物質を結合させることで作られているのですが、これはビタミンcを酸化から守るためです。酸化に強い物質と結合させれば、ビタミンcは化粧水の開封後も、酸化せずに正常な状態を維持できるのです。つまり、その分化粧水の保存期間が長くなるということです。もちろん他の物質と結合したままでは、ビタミンcの本来の性質は封印されたままとなります。しかしこの物質は、肌に浸透しながら徐々にビタミンcから分離していきます。これによりビタミンcは、肌で真価を発揮するようになります。具体的には、肌を紫外線の影響から守り、メラニン色素が作られることを防ぐのです。

肌の水分と油分

肌には、水分と油分とが含まれていますが、これらの量のバランスは、人によって異なっています。そのためビタミンc誘導体は、水分に溶けやすいものと、油分に溶けやすいものとに分かれています。前者は、水溶性またはリン酸型のビタミンc誘導体、後者は脂溶性のビタミンc誘導体と呼ばれています。肌の水分が多い人には前者が配合された化粧水、油分が多い人には後者が配合された化粧水の使用が適していると言えます。適したものを使用すれば、ビタミンc誘導体が肌にしっかりと浸透していくため、その分高い美白効果が出てきます。また近年になって、水分と油分の両方に溶けやすいというビタミンc誘導体も開発されました。これが配合された化粧水の場合、肌の水分量や油分量に関係なく、肌に浸透していきます。